Drexelのウサギ穴-フィラデルフィアの思い出

アクセスカウンタ

zoom RSS そしてビーバー沼へ...

<<   作成日時 : 2007/06/29 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

タイトルの「そして」って,何が「そして」なのか
皆目 見当もつかない方は,前回の記事をお読みくださいましや.

で,イエローストーン&グランドティトンでの雪辱を果たすべく,
行ってきました ビーバー探しの旅!& ナイアガラ観光ツアー.

もともと「ナイアガラへは行こう」と言ってはいたのですが,
その旅に,どこかビーバーさんがいらっしゃいそうな場所に
立ち寄る予定を組みこめられれば,これ幸いと.

で,ビーバーは,どこにいるか?


さんざん検索しまくり,

つい数日前,ニューヨークのブルックリン・リバーで,ビーバーが目撃されたこと

Wisconsin州には Beaver Dam Middle Schoolという学校がにあるということ
(なんか かわいくない?でもBeaver Damはなさそうな校舎の写真だった...)

Beaverというのは,はたらき者の象徴だとされていること


など,私にしては めずらしく あした使えぬムダ知識を 集めまくり,
やっとこさ いちばん見られる確率の高そう,で,かつ
ナイアガラへの道のりの途中にある公園を見つけ,いざ出陣っ!

ビーバーさんを見られる確率が高いのは,日の出前と夕暮れ時.
今回のスケジュールの中では,
行きの車で,公園に着くのが,ちょうど夕方ごろ.
そして帰りには時間的に立ち寄れない.
つまりチャンスは一度きり!


フィラデルフィアを出てかれこれ9時間(昼食夕食,給油休憩込み),
広い広い公園内を,Google Mapをたよりに,車で走ること30分ぐらい.

よーーーうやく ビーバーさんがいそうだ,という道までたどり着いたものの...
この道のどこらへんが「ビーバー・ポイント」だか分からない.
道の入り口で,地図を見ようと立ち止まったところで,
1台の車が,私たちを通り過ぎて,ビーバー道に入っていく.

「まあ,分からないけど,とりあえず行くか」
と,走り始めると,さきほど我々を通り過ぎた車が,おもむろに止まる.

もしかしたら...

と,降り立ち,くさむらの奥に進むと...

画像


写真左1/3ぐらいのところに,ビーバーさんのおうちがあるの分かりますか?


画像






そして,前の車に乗っていた人たちが,ささやき声で
「ほら,あの木と木の間にビーバーが!」

画像


いたーーーー!!!10数メートルほど向こうで,
ビーバーさんが,何かをむしゃむしゃ食べている.

魚じゃなくて,何か丸っこいかたまり.
私たちがいるのを知ってか知らずか,彼はそこで延々と食べ続けています.

いっぽう,沼の方を見てみると,
なにやら水の上を,水流に逆らって,小枝が流れていきます.

少なくとも2頭のビーバーさんがいらっしゃることを確認.

実は,この後,もう1組,ビーバー好きな親子がやってきて,
そのお父さんが話してくれたことには
(彼らは10日ほど,このへんでビーバー観察しているらしい)
この2頭は夫婦で,ビーバー宅には,赤ちゃんもいるんだって!

ということは,このダムは,彼ら2人のためのおうちなのか!!
なんとまあ贅沢な.魚が10秒置きぐらいに,ちゃぽちゃぽ飛び跳ねているし,
食料も豊富で,恵まれていますのぉ.


画像


しっぽと頭.わかる?
かれこれ30分ぐらい見ていたんだけど,
その間に,先ほどのむしゃむしゃ食べていたビーバーさん,
食事を切り上げて泳ぎ始めてまもなく,
急に,ものすごい水しぶきをあげて,バシャンッと水中にもぐった.
「我々に気づいて,驚いたのかな?」と
思いきや,別にそうでもないらしく,けっこう図太くって,
また,すぅっともぐって,今度はまた何か捕まえたらしく,両手を出して,食べている.
こんなふうに↓

画像

左上を向いて手を出しています


この,唐突な「バシャンッ」はね,ビーバー好き父さんによれば,
オスのビーバーさんがする威嚇行動なんだって.

つまり,我々は,
「見世物じゃねぇんだよ,ほっといてくれよ!」
と,怒られちゃったわけなのです.

そうとは知らず,のほほんと見ていた我々は,
おかげで,今度はわずか数メートル先まで近づいてきたオスビーバーさんに
もう一度,「バシャンッ」をやられました.

その直前のお写真.そう言われてみれば,ちょっと目が険しいかも??

画像


いやー,ほんと言うとね,
実際に見られるかなんて,そんなに期待していなかったんですよ.
ネットで探しても,「一瞬」とか,「見られる『かも』しれない」というものが
ほとんどだったから.

それが30分ものんびり見ていられたなんて,本当にラッキーでした.
アメリカでの大きな思い出のひとつになるだろうな.
いやはや,前の車に乗っていらした方々,感謝感謝です(^O^)

〜これはなんでしょう〜 ― 本日のおまけ。

ビーバー沼のわきの水たまりに沈んでいた黒っぽいもの.
画像


これはなんでしょう??かたまりの周りを見ると分かるかな?





拡大してみると...

画像


おたまじゃくしの集団でした!
道理で,周りでくぅくぅカエルの合唱が聞こえてたわけだわ.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちはー。綺麗な景色と動物たちに癒されました。
楽しそうでいいねー・・・とにんまりしちゃいました。
この間、水のあるところーといっていて行き着いたのが
湖?といってたのは、この旅のことかしら!
素敵な外出ですね。
ゆめこ
2007/06/29 21:45
ゆめこちゃん:
ビーバーにはすっかり癒されて私のデスクトップの絵になってます^^)
ここは,休みなしで車で7時間ぐらいの所だから(ナイアガラへ着いたのは1泊した翌朝),思いつきでは行けないのよね〜.もっと近くにビーバーいるのかもしれないけれど確実にいそうな所を探しました.
湖の話はこっちよん↓
http://shirotan.at.webry.info/200607/article_2.html
ky
2007/06/30 01:10
この池はビーバーが作ったダムで出来た池です。って説明しないとあなたたちがクレージーにビーバー見た見たと騒いでいるのが皆には分からないんじゃない。
mm
2007/07/03 18:23
この池はビーバーが作ったダムで出来た池です。って説明しないとあなたたちがクレージーにビーバー見た見たと騒いでいるのが皆には分からないんじゃない。
mm
2007/07/03 18:23
>mmサマ
ご指摘の通りでございます.後ほど加筆いたします.
ky
2007/07/06 10:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
そしてビーバー沼へ... Drexelのウサギ穴-フィラデルフィアの思い出/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる