テーマ:旅行

鶏の手羽かじるも,牛の骨食らうことなかれ?

狂牛病にはややセンシティブな私, アメリカに来た当時,ちょっと気になってはいたものの, なかなかオーダーできない,アメリカの料理としては定番の一品があった... バッファロー・チキン. これ,日本の皆さまは,いったい何を想像しますか? そもそもバッファローなのか,チキンなのか? カ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

そしてビーバー沼へ...

タイトルの「そして」って,何が「そして」なのか 皆目 見当もつかない方は,前回の記事をお読みくださいましや. で,イエローストーン&グランドティトンでの雪辱を果たすべく, 行ってきました ビーバー探しの旅!& ナイアガラ観光ツアー. もともと「ナイアガラへは行こう」と言ってはいたのですが, その旅に,どこかビーバーさ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

《動物編》を急ぐ理由.

ひぇー,なかなか載せきれない写真の山! とにかくアップしつづけます.今回は動物編ということで. さいしょに道に出てきたバッファローさん達. ドアを開けて近づこうとする旦那Pに 「『近づかないでください』って書いてあったでしょ!!」と小声で叫ぶビビリな私. バッファローには1日半で「な…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

なぜ花が咲くのか?

前回のつづきです. で, 【好酸性の変なバクテリアが住む水の周りには,なぜ花が咲くかという件について】 ですが. 原因はコレ↓ではないかと. つまり,早朝5時半ごろ, 車が凍結してしまうほど寒い! まったく,たまげましたわ. 日中は,車の中にいても, 窓側の腕だけヒリヒリ してくるほどの日差し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲーター萌え♪(←ホントはハートを出したいけど出ない.)

前回(1週間以上前) 旦那Pの学会が開かれていたフロリダから 「また明日」などとフロリダからお便りしておきながら, とっくにフィラデルフィアに帰っているkyです. フロリダといえば,あのスポーツのお供,ゲーターレードのふるさと. かつて,旦那Pと私がスタマック・フル(ひどい腹風邪)にかかった時, スポーツドリンクで脱水…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

♪この広い野原いっぱい~ぜんぶオレのもの~by Babcock.

こんにちは.皆さまご無沙汰しております. おとといから,毎年恒例(私はこれで3回目), 旦那Pの学会に便乗して,フロリダに来ております. ここのブログを前からご覧になっている方は, お読みになっているかもしれませんが, この学会では, 朝8時ぐらいから,発表開始.        ↓      お昼休憩     …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

しつこく続けるザイオン.

写真をいっぱい載せたいので,ザイオン分けて出してます. ザイオン国立公園は,ネバダ州のラスベガスから車で3-4時間, モルモン教徒で有名なユタ州にあります. 午前中に山道を歩こうといく計画だったのだけど,残念ながら 道が凍って途中から閉鎖されていたので,名前はついてないけれど, 「ツアコンTさん取っておきのいいところ」…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ザイオン国立公園の続き.

ブログのアクセス数を見ていると, 「フィラデルフィア北東部」の記事の方がやっぱり皆さんご興味あるんだなー,と 旅行話は中断していたのですが(ふふ,気にしてないようで,チェックしてるのです,一応) 「あの旅はどうなったのか?」と直に聞いてくださる方も 複数いらっしゃったので,やっぱり続行することにいたします. で,ぜんぜ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベガス・ザイオン・グランドキャニオンの旅 ~その1~

いやいや,久しぶりに100%観光の旅行に行ってきましたです. 高所恐怖症の旦那P, そして,いかに人に騙されて損しないか,ということに常に執心している私, この二人が久しぶりに選んだ旅先は... ラスベガスを拠点として,グランドキャニオンとザイオン国立公園を見てまわる! さて,どんな旅になることやら... …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

さすが鳥.

久々に... これは何でしょう? じゃじゃーん. サラソタ(*)のビーチにて,砂浴び中のフリスビー・ラットちゃん(**)でした. ------------------------- (*) 毎年サラソタで開かれる旦那Pの学会…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

サラソタより.

各画像は,クリックすると拡大できます. というわけで,旦那Pの学会にくっついて,フロリダのサラソタにおります. この学会は,毎年この地で行われ,参加者は家族を連れてくるのが 暗黙の了解になっており,妻,夫,子供たちは,自腹ながら恩恵を受けているのです. しかも,この学会,午前8時ぐらいから始まり, 昼から夕方6…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アイルランドの旅~あさごはん。 

アイルランドのブレックファストは, 大 量 である. 初日に宿泊したB&B. 朝,食堂に入って行くと, すれ違った宿のおねえさんが, 「すぐ戻ります,先にセルフサービスの方をお取りください」 ふむふむ.コーヒー,紅茶がないのは, 後でおねえさんが持ってくるのだな,と思いつつ, シリアルやパン,チーズや果物などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(7)~ Enjoy ヨッパライ !

夕方6時を過ぎ,キラーニーの街に入る. パステルカラーや原色に彩られた建物, それを取り囲む石垣, そしてこの街の移り変わりを 長い間見つめ続けてきただろう大きな教会... それらの街を構成する‘アイテム’そのものは, 今まで通り過ぎてきたほかの集落と, さほど変わらないように思える. …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(6)~コンテスト,トイレの熱帯魚,着ぐるみキテО

さて. ダブリンからキラニーへのドライブが続きます. まだアイルランドに着いて1日目です. 遅めのお昼ごはんを食べ終わって, またちょっと眠気が差し掛かってきたところで 着いたのが,アデアの村. 大きな国道沿いに(と言っても,片道1車線×2なのだ) 軽くジョギングしたら,4,5分で通過…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(5)~ ロスクレアのパブ

緑の牧草地,小麦色の丘を越えて,ようやく辿りついた, ここは,ダブリンから西に, 4時間ほど走ったところにある,ロスクレアの町. 空はうす曇,でも湿気はほとんどない. 半そでにカーディガンでちょうどいい. 「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」に 導かれるようにして立ち寄った, たぶ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(4)~テレタビーズの丘を走る

正午前,ダブリンの空港に降り立つ. 明るい色をした雲の切れ間からは,青空ものぞいている. 半そでのTシャツだけでは,ちょっと涼しいぐらいの 優しい陽ざしが,私たちを迎えてくれた (と,思っている幸せな人間達). さて,本日のテーマは,アイルランド横断!            今日1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(3) ~ カレーライス,酔っ払いの爺さま,年の功

実は,実は... この夏に旅する前には,アイルランドといえば 「IRA闘争とビール(しかもほとんど飲めない)」ぐらいしか,思い浮かばず, 景色以外に,いったい何を楽しむことができるのだろうか,と 私は一人で杞憂しておったのですが… いやいやいや...ソレガソレガ,ナカナカドウシテ(オヤジか?). やっぱ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(2) ~ ねずみ君とネズミくん

ドイツのSteiff(シュタイフ)というぬいぐるみメーカーをご存知ですか? 日本にもお店が出ているという老舗の会社なのだそうですね。 今年7月、旦那と私は、ドイツにいる従姉の家を訪れて 初めてSteiffのお店に連れて行ってもらったのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ,アイルランドの旅(1) ~ 旅のアルバムを作ってみました

「アメリカ北東部に住んでいる間に, 今でしか行けないところに遊びに行こう!」 そう,アメリカにいる間の一番の楽しみは 何といっても旅行!なんです. こちらでは,私も無職だから ―それはそれで,ちょっと寂しくはあるんだけど, それを逆手に取って, ここは,旅をしないという手はない! で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more