クリスマス屋敷.―フィラデルフィア郊外情報

クリスマスも間近となり,フィラデルフィアの街も郊外も,
クリスマスお約束のイルミネーションで彩られています.
いやはや,これにかかる電気代って,どれぐらいかかるのでしょうね.
これもアメリカならでは,なのかな.

その中でも,我が家から10分ぐらい車で行ったところに,
ここらへんでは有名ながあります.

画像


いやぁ,写真だとあの派手さは表現しきれないなぁ.


去年も,このブログのトップページ右の欄に,
ひそかに「クリスマスの家!」というタイトルで,アルバムを載せてはいたのですが,
Schmidtという,1986年に閉業してしまった,
フィラデルフィアの地ビール屋さんの社長さんの邸宅なのだそうです.
画像
画像

左の写真の左下にあるのトラックの拡大.
Schumidtの文字が入っています.


以前は,今は亡き社長夫人がクリスマスシーズンになると
飾りつけをしていらっしゃったそうなのですが,
今でもご家族の方が,毎年それを引き継がれており,
それが,かなり,独特な雰囲気を醸し出しています.




画像

サンタ氏.
画像

がんばれ,ミッキーサン,ミニーサン!!

 

          
画像
サンタ氏を牽いて走るトナカイご一行.
画像

どうでもいいけど,表を作るのが苦手だな.
すぐずれちゃう.
                 


なお,これらのディスプレイは,飾られているものの中のごく一部です.

話ズレるけど,「独特」って言葉って,関西でよく使われるのかしらん.
これを一緒に見に行ったKrさんが,「独特だねー」と言っていたのを,
引用させていただいたのだけど,
関西方面出身の,私のイトコ達は,結構「ど・く・と・く・やな~」って使ってたのを
思い出したから.
Krさんも,イトコ達も,某N県出身なので,お心当たりの方,
ご意見いただけると嬉しいです.

いや,ともかく,このKrさんの「独特だねー」は,かなり的を得た表現です.
お近くにお住まいの方は,一見の価値あり,かも.

おっと,場所を表示しそびれるところでした.
でも,住所を直接書くと,申し訳ないので...

ここのBurmont Rd.とHuey Ave.の交差点で(信号あり)
BurmontからHueyに北東の方角に入って,1mile弱走ると,
道が5又路に分かれます.
(正確には,Hueyと垂直にクロスする道と,左右60゜ぐらいの2本の道です.)
その,5又路に来たら,左斜め方向を見ると,
異様に明るい家が見えます.
(ただし,もちろんクリスマスの時期だけですが.)

今まで3,4回行ったけど,必ず何人か見物人がいたから,
たかが私のブログで載せても,「なんてことしてくれるんだ!」なんて
言われないかと,ちょっと心配しているんだけど.
ダメかなぁ...

と,一抹の不安を抱きつつも,
とりあえず,
 Merry Christmas!! 

Drexelをもっと広く知ってもらうために...   
クリックしてくださいな
m(_ _)m


Drexelbrookのウサギ穴―フィラデルフィア郊外,Drexelbrookに棲んでいるkyのブログ,研究留学,研究派遣,Wharton,ペンシルバニア大学,University of Pennsylvania,Thomas Jefferson University,Temple University

"クリスマス屋敷.―フィラデルフィア郊外情報" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント