ボトルモザイクおじさん.

たまには放置状態のブログを稼動させてみましょうか.

やる気ないブロガーになりつつある今日この頃のワタクシメでございます.


さて.
かれこれ1ヵ月半前(やる気のなさを表してますね...)
の話になりますが,
『フィラデルフィアの原宿』と銘打たれている
South Street ― by 某 日本のフィラデルフィア観光誌。。。
(←私じゃないです,と強調.)
 

 確かにワコウドがうろうろしていたり,ブリンブリンしたアクセサリーが売ってたり,
 フィラデルフィア名物 cheese steak sandwichの有名店 Jim's Steak があったりして,
そうだと言われれば... いや,んーん,んーん,どうだろう??? 
 どっちがどれだけ どうか とか優劣を言ってるわけじゃないのですが...
 

をお散歩して参りました.

で,South streetのいちばん人口密度の高いあたりから,
ちょっと西にずれた10th streetあたりを通ったことのある方なら,
少なくとも,ちらっとは「ありゃ何だ?」と気になったことがあるはずのあの建物.

画像



それがボトルモザイクおじさん Isaiah Zagarさんの作品 です.

前から気になってはいたのですが,
わざわざ車を降りて,しげしげと眺めることなどないまま,
これまで通りすぎてきました.

が,初めて歩きで目の前を通ってみました.
廃品と思われるボトルや自転車のホイールなどが,
コンクリで塗り固められている作品(っていうのかな,そうなんだろうな)...
いやはや,近くで見るとカラフルで迫力があって,そして意外に統一感がありますな.

ふと中庭を覗きこんでみると,おひげの おじ(い)さん―Isaiah さんが
テレビの取材でも受けています.

この迫力ある作品とおじ(い)さんの姿に惹かれて,
「Donation $2」の文字も,「ま,いっか」と ―貴重な体験,プライスレス,だ
中に入ってみました.

画像






画像







この建物はね,ぱっと見
中庭が目立つけど,
となりにおうちもあって,
バス・トイレまでついてるのよ.
取材をちょうど終えたばかりの
Isaiahさんが私たちに
話しかけてきてくれた♡のだけど
彼は日がな一日,この作品の中で
過ごすのが,とっても幸せなんだって.
画像






画像







画像






画像




ああーぁ,でもそんな幸せな気持ち,分かる気がするなぁ.
一見ブッ飛んで見えるけれど,その色合いとか
置いてあるオブジェ(Isaiahさんがつくったもの+たぶん廃品)の配置には,
明るい温かみを感じるもの.
写真を通して感じていただけるかは なかなか難しいところではあると思うのですが.

オリエンタルの私たちにもニコニコしながら丁寧なものごしで
話しかけてきてくださる温かいスピリットが
こちらに伝わってくるような心地よい空間.
でも,これだけ ごちゃごちゃしてるのに心地よく感じたっていうの,
ちょっと自分自身,意外でありました.

で,家に帰ってきてからこのことをブログに書こうと思って,
調べてみたところ.

この建物があった場所は,昔はゴミだらけのションベン臭い暗い感じの空き地で,
そこをIsaiahさんがどうにか片付けて明るい雰囲気作りに貢献しようとして
はじめられたものなんだって.
他にもSouth Street沿いの道を歩いていたら,
おそらくIsaiahさんの作品だろうな,と思われる壁画がいっぱいあるのね.
それも,うらびれたコンクリの壁を,一般の人対象に,
Isaiahさんがデザインしたものをレクチャーがてら 一緒に作っていってるらしい.
(レクチャー料の一部はドネーションになるらしい.)

ちょっとレクチャー料,高いけど,やってみたいなぁ!
だって,そんな形でフィラデルフィアに私のあしあとが残るって,
なんか楽しいじゃないですか.

...と,思ってはいるんだけど,レクチャーは週末なので,
すくなくとも旦那Pはマウスくんのお世話でちょっとむずかしい.

どなたか私といっしょに参加してくれませんか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

親方夫人
2007年06月02日 23:59
はいはいはーーい!
一緒に参加したいひと、ここにいまーす。
問題は、遠い、というのと、
こどもをどうする?という難題が。
日本に2ヶ月帰るんで、9月にでも。
kr
2007年06月04日 20:41
楽しそーだ!行って見てみなくっちゃという気分になりました。
ky
2007年06月05日 23:05
>親方夫人
日本に帰るのって2ヶ月も!なんだ.いいねー.
ゆっくり楽しんできてね~.
モザイクはガラスのかけら使ったりするから,
ご子息達は参加できないしねぇ.どうしたものか.

>krさん,
南欧風って感じよ!それはそうと,センターシティと言えば
Reading Terminal Marketデビュー,お付き合いしますことよ.
kr
2007年06月09日 12:02
デビューさせてください。いつでもー!!
「南欧風」。この作品の中の人形のぼよーんとした表情と手の上げ具合が私のイメージの南欧風と合致します。
ky
2007年06月12日 05:27
krさん
南欧風っちゅうには無理がある写真かもしれないけど,
感じ取ってくれてありがとう.
Reading今週などいかが?

この記事へのトラックバック