♪この広い野原いっぱい~ぜんぶオレのもの~by Babcock.

こんにちは.皆さまご無沙汰しております.

おとといから,毎年恒例(私はこれで3回目),
旦那Pの学会に便乗して,フロリダに来ております.
ここのブログを前からご覧になっている方は,
お読みになっているかもしれませんが,
この学会では,

朝8時ぐらいから,発表開始.
       ↓
     お昼休憩
       ↓
夕方5時とかから,また発表.
       ↓
 夜11時ぐらいまで続く.

というサイクルを1週間ぐらい続けるのです.


つまり,便乗してやってきた妻子たち(あるいは夫子たち?)への家族サービスをしたり,
暑過ぎない夏気分でシエスタを楽しむための,
昼休みが,きっちり取られているのであります.

とはいえ,先生方はもちろん遊んでいらっしゃるばかりではなく,
夜12時を回っても,会場横のカフェ兼バーで,
エネルギッシュに情報交換されたりしていらっしゃるよう.
やっぱりアメリカ人って,
     しっかり遊んでがっつり仕事!
が上手なのかしらん,と来る度思ってしまいまふ.

まあ,そんなわけで,そんな彼らを見習って(?)
― というか,私は遊ぶだけだけど,
学会前日の昨日は,Babcock wilderness tourというのに行ってきました.


昔ペンシルバニアからフロリダにやってきたBabcockおじさんが,
いっぱーい土地を買って,牧場をはじめたのが始まりだそうで,
今ではその周りのエコ・ツアーやら芝生畑業(ゴルフ場に売るんですと)を営んでおり,
我々は,このエコ・ツアーの「アリゲーターの子どもにも触れる」という売り文句に
吸い寄せられるようにして申し込みをするに至ったというわけです.

あ,Babcockさんの土地,どれぐらい いっぱーいか,というと,
たとえば,一般道からエコ・ツアーに行くための私道を
走ってたどり着くまでに10分弱かかるんだけど,
その左右の景色はずーっと,こんな芝生畑!と言ったら少しは想像つくでしょうか?

画像


この芝生畑の周辺は,ずっと亜熱帯っぽい木がいっぱい生い茂っているのよね.
その中にどひゃー,と広がったこの芝生.
そのうち ぺりぺりっとはがされて,トラックに積まれ,
ハイウェイを揺られて最終的にはゴルフ場の芝生になるのだと思うと,
なんだか不思議な気分です.


で,今回のエコ・ツアーというのは
何かというと,こんな窓わくも
窓ガラスも取り払った
黄色くないスクールバスで,
(↑塗装のはげてるところは黄色
そこらへんの自然+Babcock
おじさんの牧場の動植物を見せて
もらいながら,いろいろ説明を受ける
というものなわけですな.

と,ここまで書いたところで,
旦那Pもようやく帰ってきてお休みになるようなので
続きはまたあした.
画像

皆さまお休みなさーい.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

親方夫人
2007年04月27日 17:57
ひょえー空が広くて青い~。

しっかり遊んでがっつり仕事、
まさにその通りだよね。
その体力どこから生まれてくるんだろう、
やっぱり肉食だからなのかしら。

我が家はサラトガスプリングに行ってました。
馬がぱかぱか歩いていて、これまた平和なところだったよ~。
Mちゃん九州人
2007年05月01日 16:07
こんにちは!空の写真良いですねぇ~
最近渡米に向けてのモロモロで心が狭くなってる私・・・
この空を眺めて心を広~~~~くするぞ!
kyさん、またあそんでくださいね。
ky
2007年05月02日 03:05
>親方夫人
かつてこちらの冬を耐え忍びながら憧れて検索しまくった北東部の温泉...行ってきたのね.2年半いるけど結局行ったことないなぁ.改めてサラトガ~調べたらいいところそうだね.行ってみたーい.

>Mちゃん
誰かが「空の色が『黄土色』とか『深緑』とかじゃなくてよかった」と言ってましたが,空色って癒されますよね.私もここのところちょっとジメジメしてたので,心も天日干し!してきました(^^)フィリーの青空の下でお待ちしてます♪

この記事へのトラックバック