Drexelの春.

今週始めには25℃ぐらいまで上がったかと思ったら
昨日Crayola Fatoryの帰りには,
積もるんじゃないかと思うぐらい雪が舞う...
気候の変化が激しい4月のペンシルバニア州です.


なお,Crayolaというのは,
日本でもよく見かけるクレヨンのメーカーで,
小さいお子さんが,クレヨンや版画,粘土などで
楽しめる(そして魅了され,思わずいろいろ
購入してしまう)ところです.
昨日はユダヤ教のPassover(宗教上行事)が
あったのか,こういう恰好→
した人がいっぱいいたのと
春休みなのにすごく寒くて,
外で遊べないのが重なってか,
かなり混んでいました.
あ,ちなみに私が単独で行ったのではなく,
A家とE家の方々にお誘い受けて行ったのよ.
もうちょっと空いていたら,
存分に楽しめただろうなぁ.
また行こうね~.
画像
 こういう人達がテーマパーク(?)にいるのを
見るのってなんかまだ新鮮.
そんなん言うと「差別」とか言われちゃう?
そんな深い意味はないのだけど.
でも欧米の片田舎に行ったら,私達も
同じように軽く視線を向けられてしまうものね.



というわけで,全然話は変わって,
そんな変わりやすい気候のフィラデルフィア郊外のDrexelbrookの春.
短いけれど,夢のようにきれいな風景です.
なんだかんだ言って,このDrexelで過ごす春も,
これで最後なんだなぁ...


画像






画像







画像







画像







画像







画像







画像







画像






画像






さて,この写真のどこかに誰か(小さい哺乳類)が息を潜めています↓
どこにいるでしょう?

画像







画像








画像


ハイイロリスは,スズメ以上にいるぐらいだけど,
シマリスは,なかなかお目にかかれないのよ.
出てこないかなー,と3分ほど彼(彼女?)と対峙していたんだけど,
きっと「この巨大な動物,早くどっか行かないかなー」と,ずっと思ってたんだろうな.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆめこ
2007年04月07日 20:37
遅ればせながら。
ピンクのお花はモクレンじゃない???
オーストリアでもキレイに咲いていましたよ!!
下に下りている黄色いお花は、私の元実家に咲いていた。
花名は・・・なんだったっけ???(笑)親に聞いてみようかな。
お花も同じようなのが咲くんだね。
キレイだね。
Koharu
2007年04月08日 05:53
フィラデルフィアの春、と言えばマグノリア。
こちらではマグノリアは全く見かけないので(あることはあるらしいんだけど・・・たぶん植物園??)、寂しく思っていたところに、こんなにいっぱい写真がアップされて嬉しいです。
日本の木蓮の咲き方とは異なる「激しさ」ですけど美しいですよね。

ダラスも昨晩は雪が舞いました。 今晩もそれくらいまで冷えるみたいです。
kr
2007年04月08日 11:41
絵を描かせてもうまいが写真撮らせてもうますぎるぞー!
ちなみに「シマリス」の顔って「ウマヅラ」なのだと初めて知りました。・・・うまづらに見えてるのは私だけか?
Mちゃん 九州人
2007年04月08日 12:08
私が帰国した3月は、寂しい風景のフィラデルフィアでしたが、春が来ているのですね!ステキな写真をありがとうです。5月にそちらに戻ります。毎年初夏の蛍観賞が楽しみです~~
ky
2007年04月09日 13:56
>ゆめこちゃん,
そう,モクレン.もう少し暖かくなるとハナミズキ(dogwood)も咲くのよ.下向きに向いている黄色い花はレンギョウだったかな.どうもレンギョウは韓国人にとって故郷の花らしく,韓国人がアメリカの至る所に植えているみたいです.

>Koharuさま,
ほんと,おっしゃるとおり「激しい」咲き方ですよね.去年のKoharuさまのブログを見て,大笑いしながら納得していたことを思い出します.木蓮,なんて控えめで可憐なネーミングではなく,「華やか~な」マグノォリアッ!っていう名前が似合ってますよね.
ダラスの春の写真(まだ雪も舞うのですか?!)も,心ひそかにお待ち申し上げております.

>krさん,
いんや,いっぱーい撮って気に入ったのだけ載せてるからよ.
ウマヅラ(爆笑)!!そういわれてみると顔長いかも.「動物に例えるとリス」という女の子は実は馬面?!

>Mちゃん,
そうそう初夏はホタルですよね!初めてあんなにいっぱいのホタル見たときには感動したなぁ.冬がなければ,フィラデルフィアは5割増しぐらいにいいんですよねぇ.夏も暑いけど日本ほど湿気はないし.
けろ
2007年04月09日 20:08
Drexelbrookの春は、大変美しいようですね。東京出身の私にとっては、Philadelphiaの冬は非常に厳しいものでしたが、それだけに春の到来は待ち遠しかったように記憶しております。
しかしながら、今年はまだまだ寒い日が続いているようですね。実は再来週、ちょこっとだけPhila入りするのですが、東京で言う真冬の用意をしていかないといけないかなと思ってます。
親方夫人
2007年04月10日 03:23
写真、すごくいい!
美しすぎる。
kr
2007年04月10日 05:49
ごめん!目の錯覚だった!!どうしても後ろのブロックとコンクリートの隙間の黒い部分が馬のたてがみに見えてその続きであの目を「右目」だと思ってしまった。こんな説明でこの錯覚、分かって下さる方、いるかしら。
ky
2007年04月10日 06:20
>けろさん,
私もフィラデルフィアに冬が到来する度「どうして人間はこんな住みづらい場所に都市を作ったの?」と縮こまっていたので,日本の春の何倍もありがたく感じます.日によってはTシャツ1枚のこともありますが,寒い日には,寒がりの私はセーターの上にダウンのジャケットを着ています.旅の疲れや気温差にやられないように,気をつけてくださいね.

>夫人,
ありがとう(^-^) 本物はもっといいけどね.

>krさん,
2,3分凝視していたら,分かった!!向かって右側を向いて,草に鼻をつっこんで上目遣いの首の長い馬,ね!
kr
2007年04月10日 14:04
そうなのよーっ!!分かってもらえてものすごくうれしい。タレ目の馬なのよーっ!!!

この記事へのトラックバック