アニマル・プラネット from Philadelphia

ここは,アメリカ北東部,フィラデルフィアの街中の大通り,
Market Streetです.

あ,向こうで巨大な獲物を口にくわえた,ハイイロリスが
必死の形相で歩道を走りまくっていますね.

画像


安全なところに隠れて食べようと思っているのでしょうか.


と,後方から追っ手が!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・走り,

画像


・・・・・・....・・・・・・・・・・・・木に登り...

画像

画像をクリックすると拡大できます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木から降りてまた走り...

画像


・・・・・・・・・・そしてようやく2号を振り切った1号,はるか彼方まで走り去ったのでありました.

画像


人間のおこぼれの多い都会とはいえ,ハイイロリスの世界も厳しいものなのですね.

でも,ハイイロリスは一度に食べきれない食料は,
土に埋めて保存しておく習性があり,ハイイロリスは,(たぶん) おばかなので,
ピザは水分をたっぷり吸い,すっかり忘れ去られ,そのまま土に還ってしまうことでしょう...


と,我々も立ち去りかけたものの,ふと気になってふりかえると,
これはどうしたことか,もう一つ,大きなピザのかけらが!
おお,よかったじゃないか,2号.

画像

画像をクリックすると拡大できます


・・・・・・・・・・・・・・しかし,なぜか飛びつかない2号.

画像



・・・・・・・・・・あの激しい争奪戦の末に,こんなにもあっさり別の獲物が手に入ってしまうなんて,
・・・・・・・・・・うまい話があるのだろうかと,当惑している(と思われる)2号.

画像


・・・・・・・・・・手にとってみても,なかなか食べられない2号.

画像




      ・

      ・

      ・

      ・

      ・


・・・・・・・・・・・・・・1分ぐらい経って,ようやく納得(?)して,食べ始めた2号でありました.

画像



・・・・・・・・・・よかったね,めでたしめでたし.

アニマル・プラネットはBBCとThe Discovery Channelが共同して作っている
動物ネタばかり延々と流しているチャンネル(私のお気に入りチャンネルでもある).

Drexelbrookのウサギ穴―フィラデルフィア郊外,Drexelbrookに棲んでいるkyのブログ,
研究留学,研究派遣,Wharton,ペンシルバニア大学,フィラデルフィア,Philadelphia
University of Pennsylvania,Thomas Jefferson University,トーマス・ジェファーソン,Temple University,テンプル大学

今日もクリック お願いいたします
m(_ _)m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

親方夫人
2007年01月10日 08:36
おかしぃ~~!!
KYちゃん動物の気持ちがわかるなんてすごすぎる尊敬!!
Drドリトルに弟子入りかムツゴロウ王国にも就職決定!
P氏は子どもがわらわら寄ってくるし、KYちゃんは動物の気持ちがわかるなんて、なんと素晴らしい夫婦、涙涙・・・。
ky
2007年01月10日 11:57
>親方夫人,
わかんない,もしかすると誤訳してるかも.
マウス語は英語並みになったけど(=かなり微妙ということだ)
げっ歯類とはいえ,リス語はだいぶ違うからね.
「大丈夫だよ」と優しく声かけても逃げられるしなー.
ナウシカvsキツネリス並みの関係か?
ゆめこ
2007年01月10日 20:18
りすのおっかけっこ、と、葛藤可愛いね。普通の道路にいるんだ。
追っかけて、シャッターチャンスを逃さず写真を撮りましたね。
よい写真だね。様子が良くわかって、可愛さ倍増。
moce
2007年01月10日 21:17
あいかわらずだね~
子供の頃、ペットとお風呂はいってたよね。私なんかうちのうさぎと仲はいいけどまだ抱っこできないよ・・・。同居4年目なのに。
ky
2007年01月10日 22:55
>ゆめこちゃん,
リスはハト並みに多いよ!あんなふうに群れたりはしないけど.この時は被写体が動くので,実は写真はすばやい旦那Pに「撮って撮って!」と頼んじゃいました.

>moce
あっははは!アナタ,まだ抱っこしてないの?!私が特訓してあげようか.ええ,私は三つ子の魂です.
けろ
2007年01月11日 21:26
あまりにも素晴らしいカメラワークに感動いたしました。
私はリスの親子がビルからビルへ飛び移る練習をしているのを見たことがあります。ホント、リスって、見ていて飽きないですよね。アメリカ人は嫌っているようですが、私は大好きでした。
いつか、あの”試験管ブラシ”のようなしっぽに触ってみたいと思っているのですが・・・おそらく噛み付かれてしまうでしょうね。
ky
2007年01月12日 14:46
>リスの親子がビルからビルへ
それは,いいところをご覧になりましたね!!想像するだけで
頬が緩んでしまいます(^-^)
そうそう,そういえば「リスなんかラットだ」と言っていた
アメリカ人もいました.
でも,たまに感染症持っていたりするから,気をつけなきゃ
いけないんですって.うーん,残念.

この記事へのトラックバック