クリスマス屋敷.―フィラデルフィア郊外情報

クリスマスも間近となり,フィラデルフィアの街も郊外も,
クリスマスお約束のイルミネーションで彩られています.
いやはや,これにかかる電気代って,どれぐらいかかるのでしょうね.
これもアメリカならでは,なのかな.

その中でも,我が家から10分ぐらい車で行ったところに,
ここらへんでは有名ながあります.

画像


いやぁ,写真だとあの派手さは表現しきれないなぁ.


去年も,このブログのトップページ右の欄に,
ひそかに「クリスマスの家!」というタイトルで,アルバムを載せてはいたのですが,
Schmidtという,1986年に閉業してしまった,
フィラデルフィアの地ビール屋さんの社長さんの邸宅なのだそうです.
画像
画像

左の写真の左下にあるのトラックの拡大.
Schumidtの文字が入っています.


以前は,今は亡き社長夫人がクリスマスシーズンになると
飾りつけをしていらっしゃったそうなのですが,
今でもご家族の方が,毎年それを引き継がれており,
それが,かなり,独特な雰囲気を醸し出しています.




画像

サンタ氏.
画像

がんばれ,ミッキーサン,ミニーサン!!

 

          
画像
サンタ氏を牽いて走るトナカイご一行.
画像

どうでもいいけど,表を作るのが苦手だな.
すぐずれちゃう.
                 


なお,これらのディスプレイは,飾られているものの中のごく一部です.

話ズレるけど,「独特」って言葉って,関西でよく使われるのかしらん.
これを一緒に見に行ったKrさんが,「独特だねー」と言っていたのを,
引用させていただいたのだけど,
関西方面出身の,私のイトコ達は,結構「ど・く・と・く・やな~」って使ってたのを
思い出したから.
Krさんも,イトコ達も,某N県出身なので,お心当たりの方,
ご意見いただけると嬉しいです.

いや,ともかく,このKrさんの「独特だねー」は,かなり的を得た表現です.
お近くにお住まいの方は,一見の価値あり,かも.

おっと,場所を表示しそびれるところでした.
でも,住所を直接書くと,申し訳ないので...

ここのBurmont Rd.とHuey Ave.の交差点で(信号あり)
BurmontからHueyに北東の方角に入って,1mile弱走ると,
道が5又路に分かれます.
(正確には,Hueyと垂直にクロスする道と,左右60゜ぐらいの2本の道です.)
その,5又路に来たら,左斜め方向を見ると,
異様に明るい家が見えます.
(ただし,もちろんクリスマスの時期だけですが.)

今まで3,4回行ったけど,必ず何人か見物人がいたから,
たかが私のブログで載せても,「なんてことしてくれるんだ!」なんて
言われないかと,ちょっと心配しているんだけど.
ダメかなぁ...

と,一抹の不安を抱きつつも,
とりあえず,
 Merry Christmas!! 

Drexelをもっと広く知ってもらうために...   
クリックしてくださいな
m(_ _)m


Drexelbrookのウサギ穴―フィラデルフィア郊外,Drexelbrookに棲んでいるkyのブログ,研究留学,研究派遣,Wharton,ペンシルバニア大学,University of Pennsylvania,Thomas Jefferson University,Temple University

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ばた
2006年12月24日 14:43
いやぁこの頃日本でも、クリスマスイルミネーションを家に飾り付けるのがはやってるみたいよ。
電気代月に2ー3万とか。
イルミネーションに○百万とか。
日本の飾りつけだから、そんなにシュールではないんだけどね!
綺麗なお家だとテーマパーク、所によっては秋葉のネオン街。
すこしきらきらしているのはとても素敵だけれど、テレビでよく放映されるくらいになると頭がいたいーー。

ky
2006年12月25日 02:55
電気代,イルミネーションにそんなにお金使えるって,どんな金持ちなんだ!上のクリスマス屋敷は,もう周囲への奉仕(毎年毎日のように人だかりができて,期待されているからやめられないのかも?)に近いものを感じるんだけどね.そうそう,このへんにもこれほどコテコテじゃないけど,なかなかきれいなところ他にもあるのよ.でも暗いし上手に撮るのが難しいんだよねー.
ky
2006年12月25日 02:55
電気代,イルミネーションにそんなにお金使えるって,どんな金持ちなんだ!上のクリスマス屋敷は,もう周囲への奉仕(毎年毎日のように人だかりができて,期待されているからやめられないのかも?)に近いものを感じるんだけどね.そうそう,このへんにもこれほどコテコテじゃないけど,なかなかきれいなところ他にもあるのよ.でも暗いし上手に撮るのが難しいんだよねー.
親方夫人
2006年12月25日 05:24
うちの近所にもWealthyアメリカ人が住んでいる様で、うなずきながら動くトナカイあり、ぐるぐる回るミッキーさんあり、等身大のカーネル三ダースみたいなサンタが手を振っているのあり(電動)競う合うようにイルミネーションしていて、まるでディズニーランド。夜通りをドライブしていて急に暗闇になったホーテッドマンションを見つけたら、我が家だ!と思うわけ。
だって、セントラルヒーティングだけで500ドルも払ってんだもん、そんな余裕ないって。アメリカ人って、そういうところにお金使うよね~。
うちは、それより旅行にでもでたいと思っちゃうんだけど、この貧乏根性を直さないとアメリカ人にはなれんのかな?
ゆめこ
2006年12月26日 00:13
イルミネーション綺麗だね~。
置いてあるお人形さんには、テーマがありそうだね。
イルミネーション代は、すごいようだけど、
皆を楽しまさせてくれる、イベント好きなのが、アメリカなのかな。
ホント、日本でも流行ってはきているようだけど。
大きな家が多いアメリカならではの、豪華さがあるのだろうね。
ky
2006年12月26日 05:18
ほんと大きい家が多いから,飾り甲斐はあるだろうな~,って思う.
置いてあるボックスごとにもテーマがあるし,ここに飾ってあるサンタさんは7,8人はいるような気がする.また後ほど別のイルミネーションもアップする予定よ.

この記事へのトラックバック

  • ブログの一覧です.

    Excerpt: 今まで書いた記事を,ざざーっと整理してみました.とりあえず今年分. まだまだ整理中なので,不都合があるかもしれませんが (リンク先が間違っていたり,読みにくかったり...) また随時直していきま.. Weblog: Drexelbrookのウサギ穴 racked: 2006-12-22 02:52