移民の国 異国の地

旦那P(生粋の日本人)は,以前の職場で,
助手さん(若い女性)に「お母さん」と呼ばれていたそうだ.
彼の部署にはもう一人男性がいて,その人は「お父さん」で,彼がその相方??
えー,フィラデルフィア在住だからと言って,別にモー○ー(死語!)ではありません.
なんとなく,お母さんキャラ.

妻の分際で言うのもナニだけど,
穏やかで,面倒見がよく,細かい事に気がついて...

一方の私は,
大ざっぱ,やる事にムラがある,記念日を忘れて旦那に責められる...


一般的な男女のカップルからすると,かなり男女逆転傾向にあるかもしれない.




こんな妻によく耐えていけるな,と思うことしばしばなのだが,
逆転しているだけに,「私にも取り得はあるじゃん」と思えるのが,
彼の買い物に忍耐強く付き合っている自分に気付いた時.

たとえばここ1ヶ月ぐらいかけて,ようやく終結を迎えた革靴選び.
靴って,確かに時間かかるけどね...

週末になると靴屋さん.
1つの店に1時間... はい,次の店... はい,次のモール...
これが4週間続く.


いいかげん飽きてきて,
女性靴コーナーにさりげなく行こうとしても,
運が悪いと,それに気付かれ,

「一緒に見てくれないのぉー(・ε ・ )」

アノネェ,女の子じゃないんだからさぁ...




で,ようやく本題に移ります.
最終的に靴が決まったお店でのお話...

    *        *        *        *        *

そこのBostonian(靴屋)の店員さんは,とても親切な店員さんだった.
我々の拙い英語の注文に,聞き取りやすいきれいな英語で,
物腰柔らかに,しかもてきぱきと対応してくれる.

今度という今度は,靴のデザインもサイズもぴったり.
ああ,ようやく決まった...

靴を持った店員さんとともに,キャッシュデスクへと向かう.

「ゲストブック登録されますか?お名前は?」
「○○○○○です」
長い日本名のファミリーネームの綴りに,文字を打つ彼の指が一瞬戸惑う.

「すみません,わかりにくいファミリーネームで」
旦那がそう言うと...


‘Don't say sorry. Our name is somebody's name, you know?'


穏やかな笑顔を浮かべながら彼はそう答えた.

ファミリーネーム,それは自分だけのものではない.自分のルーツの証し.
それに敬意を払うということは,大切なことだと思うのです...



靴を包む彼の横顔をちらちら見やっていたのだが,アメリカ歴2年に満たない私には
アフロアメリカンとも,中南米とも,東南アジア系とも判断つきかねた.
『人種のるつぼと呼ばれる国の人』というのが,いちばん正確な表現なのかもしれない.
そして外国人の私達への親切な対応は,
彼自身の(たぶん)複雑なルーツに対する彼の態度が反映されているような気がした.

ともあれ.
ほぼ単一民族の日本に生まれ,
日本人であることに何の疑問も持たないまま育ってきた私達にとっては,
彼との短い会話は,この国の一つの小さな切り口を見たような,vividな経験だった.


Bostonianで買った,その黒い革靴を見るたび,彼の言葉を思い出すんだろうな.


    *        *        *        *        *
うー,もうちょっとうまく書けたらいいんだけど.
小学生時からの作文嫌い...

    *        *        *        *        *
Bostonianではないけど,Delawareにあるものすごく広くて品揃えもいい靴屋さん↓
かなりの率で欲しい靴が見つかると思います...
(名前忘れた,けどNaamanとRt.202のぶつかったあたりにある
 Market Square Plazaのお隣り,Brandywine Town Centerにあります→ここらへん

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kana
2006年03月14日 10:35
ky...女史のダンナはそんなにかわいい方だったんだ。
どうしてもお酒の先生と言うイメージが強くて・・・。

アメリカ人でもホント侮れん位、気配り上手というか賢いというか神経の細やかな方っているよね。私も今日そんな方に出会いました。
アメリカ人をひとくくりにしてバカにして(してはいないけど…。)はいけないと反省した日でした。

ky
2006年03月14日 11:31
かわいいっていうのか...
取りあえずよく餌を食べ,肉付きがよく,目は澄んでいます.
毛づやに関しては,評価が一定しないので,コメントは控えますが,
皮膚病などはみられません.う歯(虫歯)の治療痕がありますが,現在は問題ないようです.

こちらに来てまだ1年半ぐらいだけど「外国に住む」という事は,一言ではとても言い表せない人生経験だな,と感じつつある今日この頃です,先輩.
ばた
2006年03月14日 12:10
・・・我がオットは靴選びに5分よ!!5分!
しかも自分のなのに切れ気味。
生活の中で一番嫌いなのが服等のお買い物。
着れればなんでもいいらしい。
彼が飽きないうちに買おうと、せっせとめぼしい靴を運ぶ私(怒)
嵐のように過ぎ去る時間。(疲)
まあ服よりまだ靴の方がおとなしく色々見てるけれどね。。
ゲームやら本やらパソコンやらはじっくり見てるくせに!
ky彼のPさんは、おっきいハム太郎ってイメージかも。(褒めてる)
きらきらしたお目目。Pさんの中身はkyからの話でしか知らないけれど。
外国に住む人生経験は彼の仕事上あんまりなさそうなので、会った時に得たもののおこぼれをくらさい。
ky
2006年03月14日 13:24
うちの父も弟も選ぶの嫌いだったわ.しかも着られればいい訳じゃなくてこだわりがあるので,母は父が気に入ったと分かると同じシャツを3枚とか4枚とか貯め買いするのであった... しかしキレちゃダメですな,N家ダンナ殿.ばたちゃん心中お察し致す...
ウチで納得いかないのはね,私が「あ,これいいかな」と思っても旦那は5分待つと苦痛の色を浮かべ始めること!Pの買い物には10時間とか/一品ぐらいかかっているのにぃo(´^`)o←これ,もらった.最近は自分の買い物は一人で行くぞ,と思っているんだけど,子供でもできたらそうはいかんからなぁ(できてないので良い).
ばた
2006年03月15日 12:01
買い物は1人でいくよ。後はお母さんとか。
私も前一緒にいってたんだけれど、この頃は「俺本屋にいってるから○分後に待ち合わせね」となってます。。。
本屋や電器屋なら何分でもご機嫌悪くならないので便利です。
て何だか切れキャラのことばかり言っておりますが語気が強いだけなんだけれどね。
I家はP殿がもうすこうし精神修養としていてくらはるとkyがいいですな。
そうでなければやっぱり待ち合わせよ!子は彼にオネガイ (* ̄ ̄)//して。もしくは仏教寺院で修行かなあ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ky
2006年03月15日 23:27
あ,そうそう.Pは「ハムスターじゃなくてマウスー!」と主張してました.大して違いないのにね.なんなんだ.
>本屋や電器屋なら何分でもご機嫌悪くならないので便利です。
男の人って概して電器屋好きだよねー.
>そうでなければやっぱり待ち合わせよ!
そうだね.一人で時間を過ごせるように精神修養させないと.ははん.

この記事へのトラックバック

  • ブログの一覧です.

    Excerpt: 今まで書いた記事を,ざざーっと整理してみました.とりあえず今年分. まだまだ整理中なので,不都合があるかもしれませんが (リンク先が間違っていたり,読みにくかったり...) また随時直していきま.. Weblog: Drexelbrookのウサギ穴 racked: 2006-12-06 06:00