ランカスターで買った鍋敷き.


妹の誕生日だったので,
実家に電話をかけたら珍しく
長電話になった.
両親,妹が変わるがわる電話にでる.

相変わらず,わいわいがやがや,
せわしなくマイペースで,なんちゅうか
田舎の子供みたいな人々である.
一方,うちの旦那はどちらかというと,
大人びて落ち着いた性格.
私もこの5年間,彼の教育の下,
大人化しつつせいか(本当か?),久々に実家に帰ったりすると,
「あいかわらずみんな若いっ!」と一瞬ひるむんだけど,
いかんいかんと思いつつすぐに順応してしまうのだ.
やはり血か,あるいは育ちの環境か.いや,両方なんだろう...


例えば去年,旦那が先にアメリカに来て,私が実家から勤務先に通ってた間も...

私は当時,子ガメを飼っていたのだが,アメリカまでは連れて行けないので
実家に預かってもらうことにしたのだが.
その時の父との会話.

「ポチはkyが帰るまで大切に大切に飼っているからね」
彼は積極的には動物は飼わないが,家の誰かが飼い始めると,かなり愛情を注ぐ方である.
「どうもどうもよろしくお願いしますぅ,私だと思って大切に育ててくださいねぇ」と言うと,
父は,そりゃだいぶ違うなぁ,と笑いながら
「じゃ,今度はお母さんにそう言ってごらん.なんて返事するか,皆で賭けてみよう!」と提案.

「うーん,じゃあ,『わかった,よくしつけておく』」
「えーっとねぇ,『またアホなこと言って…』.あっ,やっぱり...」

と,母を対象に,賭けに興じる父,妹,私の3人...

結局,母は「そんなの思えない」という,あまり面白くない返事だった上,
「誰も当たらなかったかぁ... ざーんねん.かあしゃん真面目すぎるよー」
というつまんない結果に終わったが,
要は,ほんとにしょーもない事で大騒ぎするアホ家族なのである.


で,話を強引に違う方向に持っていくのですが.

そんな私の実家のチームカラー(?)は,深緑,モスグリーンである.
と,いうか単に父親を始めとする家族がもともと好きな色で,
カーテンやら家具やらに緑系を使うのである.

一方,旦那の実家のチームカラーは,臙脂色,深い赤だ.
おとうさんもおかあさんも,旦那も比較的この色を好んで服のワンポイントに使ったりしている.

じゃ,私は...?

この前,ふと台所にかかっている鍋敷きを見て気がついた.
私の住むDrexelbrookから西に1時間半ぐらいのLancasterで買ったものだ.
日が暮れる前に早く帰らなきゃ,と慌ててつつも自然に手が伸びた色の組み合わせなのであった.

趣味の良し悪しはともかく,ま,私はそこそこ幸せってことなのかもしれんね.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック