誘拐に注意!

今回は,直接私の記事ではないのですが,本当にぞっとする話を友達から聞いたので,
これは一人でも多くの方の目に触れた方がよかろうと思い,コピペすることにしちゃいました.
書いたご本人,あとで事後報告するよ,ごめん.著作権云々あったら,ちゃんと後で消しますわ.

なお彼女の住んでいる町はフィラデルフィア郊外でも非常に穏やかな教育レベルも
高くて有名な地域であり
,逆にそういう地域に住んでいて予防接種など,
きちんとしていて健康である可能性の高い日本人の子供だからこそ狙われやすいのかも
しれません.
私も平和ボケしていましたが,改めてここはアメリカなんだ,と思い知らされました.

===============================================

今日次女(1歳9ヶ月)と一緒に近所のACMEというスーパーに買い物に行きました。ACMEは良心的に安さを売りにしているような宣伝をしている割には結構高くって、腹が立つからあんまり行きたくないんだけど、牛乳が切れていたのでしょうがなく行きました。

私の住んでいるところではあまり見かけない集団が来店していたので、「ほ~、珍しい。」と思ったのだけはしっかり記憶しています。私は次女をカートに座らせて、旬だから夕飯のソーセージ・スープに入れようとして取った“しいたけ(シイタキ・マッシュルームというくらいだから高い)”をやっぱり本日のセール品のポッタべーラのパックに取替えようとして後ろを向いて、より新鮮なパックを真剣に探していました。すると気づいてみたらおらが街にはいないよそ者と思われる女性が私のカートの押す部分を既に持っていました。

彼女のカートは私のカートの前でブロックさせていて、あまりの衝撃に私は声も出せずに最初の10秒ほどその女性とカート押し部分の取り合いをしていました。その後叫んで助けを求めようと思った瞬間、ここであまり事を大げさにしたら人種問題につながるかもといった考えが一瞬脳裏をかすめました。そしてこんなおばさんだったら私が何とかできるだろうと思って微妙にカートを引っ張る手を緩めたとたん、その女性がカートの主導権(!?)を奪い、次女の目の前に立って顔やら手やらをなでなでして「本当にこの子はカワイイ。」と言って20秒ほどべたべたした後去っていきました。

単にちょっと変わった方で純粋に東洋人の赤ちゃんを触りたかったのかもしれませんが(だったら子供のベルトをはずせる正面に来たがらないだろう)、その後すぐに二人組みともすれ違ったし、店の前に老いも若きも男も女もといったよそ者グループが店の前にバンをつけてさりげなくたむろっていたので、「もしかしたら、グループ誘拐団だったのかも!?」と一瞬ぞっとしました。

アメリカに住んでいる方は特に子供の誘拐には気をつけたほうが良いと思います。まさかとは思いますが、私がもしマッシュルームの冷蔵庫に頭を突っ込んで真剣に物色し続けていたら何が起こったかわかりません。最近某掲示板で誘拐の恐ろしさについて学んでいたはずなのに、まさか私の街ではとは思わず、貧乏症ゆえに安売りのマッシュルームに心を奪われていて数十秒カートに背を向けていました。

とにかく本当に何事もなくって良かったです。何はともあれいつでも大事な子供達を気を緩めずに守ってあげなくてはと反省しました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ブログの一覧です.

    Excerpt: 今まで書いた記事を,ざざーっと整理してみました.とりあえず今年分. まだまだ整理中なので,不都合があるかもしれませんが (リンク先が間違っていたり,読みにくかったり...) また随時直していきま.. Weblog: Drexelbrookのウサギ穴 racked: 2006-12-06 04:43